FC2ブログ
☆邦画ばかりの映画感想日記/年間100本邦画を見るブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【応援お願いします!】

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【映画感想】『一週間フレンズ。』
2017年09月19日 (火) | 編集 |
『一週間フレンズ。』

お気に入り度:★☆(1.5/5.0)
鑑賞方法   :DVD


20170919

テーマ:映画★★★★★レビュー   ジャンル:映画


【応援お願いします!】


■あらすじ■
高校2年の長谷祐樹(山崎賢人)は、いつも一人でいる同級生・藤宮香織(川口春奈)のことがずっと気になっていた。ある日ついに“友だちになって下さい”と声をかけるが、断られてしまう。実は、香織には友だちのことを一週間で忘れてしまうという特殊な記憶障害があったのだった。祐樹はそれでも構わないと月曜日になるたびに、友だちの記憶がリセットされている香織と友だちになるところから繰り返していく。やがてふたりは交換日記を始めることで、少しずつ距離を縮めていくのだったが…。


記憶が1週間(7日間)でリセットされてしまう同級生の女の子と
友達になる為に奮闘する男子高校生のお話。
葉月抹茶の漫画が原作(未読)です。

うーん、、、設定のありえなさは分かった上で見始めましたし、
そこに対してどうのこうのと言うのは野暮な気がしますが、
全体的に様々な要素に対して描き方が浅いなと思いました。

ありえない設定に対して、リアルさを持たせろ。とか、
もっときちんと分かるように説明しろ。辻褄を合わせろ。
なんてことを言いたいんじゃありません。
ただ、この作品に限ったことではありませんが、特殊設定であるが故に、
物語としてその設定を最大限に生かして欲しいとは思います。
今作はその部分のパンチが非常に弱く感じたんですよね。
苦悩の描き方や、心を開くキッカケが全然生きていないというか、
ぶっちゃけ彼女がそうである必要があったのか?というレベルでまで
薄っぺらさを感じてしまいました。

取って付けたような、急展開や山場についても
展開はとりあえず呑み込みますが、それでもやっぱり、
はじめくん(上杉柊平)の良さが一切分からない演出はいかがなものかと…。
香織(川口春奈)が「はじめくんに会いたい。」と言った瞬間に超絶冷めました。
そう進めたいんなら、そこまでにはじめくんの魅力的な描写は増やすべきだし、
はじめくんを最後まで、いけ好かない奴のままにしておくのは間違いかと。
香織が何故はじめ君を好きなのかがわからないし、
そこまでいい感じだった、祐樹(山﨑賢人)を捨てたというところで、
カマトトぶりを露呈すだけの演出に意味はあるのだろうか…。

沙希(高橋春織)は結局その後一切語られもしないのに、
何の為に告白までさせられたのだろうかとも思うし、
このお話、悪者が改心しない(なんの描写もない)のもどうなのかなと。
結局、誰のどこからどこまでを描きたいのかが定まっておらず、
不必要に余計なことをさせられた感満載の人と、
深く語られずなんか良く分からない人が目につきました。
(花火のあの子は説明の為に出てきただけ?)

最大の不満点としては、クラス替えと合唱の2シーンだけで、
1年間飛ばす必要はあったのか?
最後の一幕が卒業式である必要はあったのか?というところです。
わざわざ、あなたのことなんて覚えてませんからぁ~。って、
他人行儀な一言を卒業アルバムに刻み込ませることに、
どれほどの重要度があったのでしょうか。
お揃いのペンを見せる為だけにしては流石に不快感を与え過ぎではないかと。

そして最後、はい!感動してくださいねー。を思いっきりぶち込んだ本のくだり、
それでこれまでのことを思い出せるんなら、
交換日記とか、へこたれない心とか、告白とか、今までの祐樹の頑張りを、
本人自身が薄っぺらくしてしまってることになるのではないでしょうか。
時間も、はじめくんも、1年間の歳月で、何も進展せず、解決出来なかったことが、
直接的なことよりも間接的なものに全てを持っていかれてるのが
腑に落ちませんでした。フラグだってことは分かってるし、
思い出すためのキッカケでしかないのは分かってますが、重きを置き過ぎ。
そんなこんなで、香織の最後の一言、一幕はベタで良かったけど、
そこまでにもっと気持ちの良い持って行き方はあったと思ってしまいます。

『一週間フレンズ。』(2017)
監督:村上正典/原作:葉月抹茶
出演:川口春奈/山﨑賢人/松尾太陽/上杉柊平


一週間フレンズ。 [DVD]
松竹 (2017-08-02)
売り上げランキング: 1,536
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。