☆邦画ばかりの映画感想日記/年間100本邦画を見るブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【応援お願いします!】

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【映画感想】『汚れた英雄』
2017年06月16日 (金) | 編集 |
『汚れた英雄』

お気に入り度:★(1.0/5.0)
鑑賞方法   :地上波放送


20170616

テーマ:映画★★★★★レビュー   ジャンル:映画


【応援お願いします!】


■あらすじ■
SUGOサーキットで国際A級500cc決勝(全日本選手権ロードレース第8戦)が開催。バイクレーサー北野晶夫(草刈正雄)と大木圭史(勝野洋)の宿命の対決は、ゴール直前で北野が大木に追い抜かれて終了、勝負は最終戦にもつれ込んだ。北野はその美貌とセックステクニックを駆使し、複数のパトロンからチーム維持のための資金を得ていた。10億ドルの遺産を引き継ぎ国際的なコングロマリットのオーナーになったクリスティーン・アダムス(レベッカ・ホールデン)が来日すると、北野はさっそく彼女に接近し、見事に資金を調達するのだった。そして北野はついに最終戦を迎えるのだが…。


酷いとかそういうのとはまた違って、なんというかイカれた作品でした。
間違いなく映画と呼ぶようなものでなないなと思いました。
草刈正雄のプロモーションビデオです、それ以上でも以下でもない。

時代なんでしょうかね。バブリー感。
やたら金かければ良いっていうのと、脱げば良いっていうノリみたいなの。
一応バイクレーサーのお話だったような気がするんですが、
家にでっかいプールがあってそこでずっと泳いでます。
天才(のよう)なので、練習はしません。
お金があればそれでいいのです。

レースで3位になっちゃった。やばーい。から始まり、
おうちのプールで泳いで、美女たちと酒を飲み交わしていたら、
次の大一番で優勝しましたぜ!っていうお話。
しかもレース中転倒かましたのに怒涛の追い上げで優勝です。
ここまでくると映画ですが出来レースというか、八百長かよみたいなね(笑)
ネタとしては最高の作品だと思います。
私は誰にもおススメしませんし、二度と見ないとお約束できますが。

『汚れた英雄』(1982)
監督:角川春樹
出演:草刈正雄/レベッカ・ホールデン/木の実ナナ/浅野温子


汚れた英雄 角川映画 THE BEST [DVD]
KADOKAWA / 角川書店 (2016-01-29)
売り上げランキング: 1,464
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。